トピックス−地本の取り組み

【14.07.17】地域別最低賃金額改定に向けた意見書

最低賃金の引き上げを!

 最低賃金制は、労働者が不当に安い賃金で働かされることのないように、国が法律で最低賃金を決めてそれを守らせる制度です。

 しかし、その金額は現在愛知でも780円と大変低いもので、年間2000時間働いたとしても年収1560000円で、200万円にも達しません。

 これでは「健康で文化的な生活」どころか、ほんとうに命を削って働く状況です。

 全労連では全国一律1000円を掲げて最低賃金の引き上げを求めています。

 福祉保育労東海地本では、生計費費調査を実施して割り出した1290円を統一要求で掲げています。

 
 

地域別最低賃金改定に向けた意見書を提出!


 世界は動いています。

 ファストフード労働者のまともな賃金(アメリはでは1500円、日本では1000円)を求めて全世界で呼び掛けられた宣伝行動によって、アメリカシアトル市議会は最賃1500円を決議し、マクドナルドCEOは約1000円強への引き上げを決議しました。

 日本の労働者も大きく声を上げていく時です。

 私たち福祉保育労東海地本が、労働局に提出した意見書はこちらです。

このページの先頭にもどる